スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカロンの家

マカロンの家はアフロ王子が好きな味で作っています
その家にどんぐりこと桜貝姫が遊びに来たところ
もうぎゅうぎゅうになっているけどドラム式洗濯機ごっこをする

プレゼントに詰め合わせました
届きますように


200712280526462
20071228052646

スポンサーサイト

そろそろ土に

結局性格なんておもいこみだろーと 自分の弱気な部分を覆してここにいる

専門学校に行くためでも どこかで修行するためでもなく
なぜかわからないからここにいる

それを繰り返すうちに
会いたい人ができてくる 
それは 点と点のつながりに大きな意味を成す


次に やることは
根を生やす場所を作ること

拠点がなければ移転もできないっていうことです

クリくんよりひとこと

20071225043519


イイコトアリマクリスマス!

昨日のことが思い出せない

ほんとーーに
昨日のことが一ヶ月のことみたいになってる

今日のマカホンはだめだった。レポートはまたすることにする。

なかなか
心をつかんで離さないものに出会うってないな
これいい!って思うことはたくさんあるけど ギューっと惹かれるものってそうない

美女の館に潜入して、ぎゃーぎゃー話をして そのうちにすっきりして、寝る。

それで それから
日本から来た友達に 展示のダメ出しをもらい 、それでもいちど今夜は考えてみる。

パリでのギャラリー展示を終えてみて 今は、日本と同じになったみたいな。次は何をしようかというのが日本と並んだ。

初めて見てくれる人も、10年前から私も作品も知ってる人も いつも 驚いたり笑ったりしてもらえるような ものを作ろうと。嬉しい言葉は嬉しくて、ダメ出しはまた喜んだ

今日のことも すぐに昔になり
形になるものは過去を作り 未来を透視してる

始まりと終わり

20071221215510
今朝の空は色が何層にもなってた

無事に展示終わりました

一言では言えないけど
おもしろかったです

次の課題がみえてきました

えーとえーと

ダーさんたちに 村民の説明を訳してもらいました。
言葉ひとつ ひとつ ただ辞書から拾うんじゃなく 微妙なニュアンスを汲み取ってもらうことで 性格がよりリアルに伝わるんだから 言葉という記号は不思議です。本当にありがとう

私が勉強しないとね

作品がつづくかんじがした

展示のこと

気づいたらもうあと2日です。
懐かしい人たちにに会えて嬉しすぎます。
忙しいところ本当にありがとう。

今回やってみて、
とても課題が見えてきたように思います。

しかしときどき来るっていうのもまたせつなくて
家を買ってしまいたい。
シャンゼリゼ通りのぎゃあーっていうくらいキラキラした感じも
メトロからエスカレーターで空が見えてくる感じも
どれもこれも なにもかも忘れることはなく

積もっていくことで消えていくわけでもない

折り返していくと スタートがゴールのようなものだけど
スイッチバックみたいな構造になってる。
今はちょっとした折り返し地点だから
頭の中を整理してみようと思います。

Exposition de Quatorze Artistes Japonais

20071216085919
昨日から治癒アートの展示が始まった。
一昨日搬入を終えたときになんだか見づらいなあと思って 朝、メンバーの方々に手伝って頂き3倍くらいにベースを作り直したのだった。

本当にありがたい
全部をどかして、またディスプレイしなおしてると、そこに二人のYukariさんが来て一緒に並べてもらう。そいでやっと完成しおかげさまで前よりもずっと見やすいものになった。

で ヴェルニサージュもたくさんの人が来てくれた。さちえさん、ももちゃんありがとう!
今日はNathalieさんが来てくれました 1年半ぶりくらいなのにぜんぜんそんな気がしないのでした。

明日日曜はお休みです。

引力

20071212101825
毎日5時くらいに目が一度覚めるんだけど そのときはものすごく空が赤い。

今日は 去年住んでた家に行く。と ゆうのも 次に住む人を探した時 彼女がこの部屋を気に入ってくれて それからのおつきあい。彼女は版画を勉強していて 今はアトリエに通ってる。
部屋は 素敵になっていた。その人をこの部屋が選んだんだと思った。

彼女がチェコに行った時に買ったボタンをもらった。たくさんのボタンの中から私を引き寄せた2つ。
冬の朝の屋根に残る雪みたいにキレイだった。

それから今日は5時間くらい歩きまくる。
展示場所に行ったり 材料を見たりして 寒いから帰って 野菜のスープを飲みました。

またストが始まるみたいだから 歩く練習をしておく。

地図を持って歩けば いつかは着くんだから どってこたない

くり君だよ-

20071211051006


ひっそりと寝室にいるのです

おとといとかそこらへんのこと

今日は起きて パン屋に行ってオリーブのパンを買って食べた。

夢がすごくいい夢で それから醒めたときに最悪な気分になった。
なのでクリニャンクールののみの市に行く。

そこで いつも必ず行く店がなくなっていた。
大量のボタンとか紐とか箱とか 100年前からやってそうな
150才くらいのおじいさんもいなくなってた。

まさかまさかと思って何往復かしたけど 変な古着屋になっていた。
じいさん...もういないんだと思った。

渋谷で店が変わっているのとはわけが違うよ。
あの大量のボタンとかはどっかの日本人が買い占めたのかもしれない。

引き出しを去年買ったときは、あと1000年くらい変わらないような勢いがあったのに、
いつまでもあるわけじゃないんだ。
というかすべてのものはそのときだけのものなんだと思った。

がっかりしながら、いつもビーズを買っていたとこに行ったら
変わらずにあった。よかった。

そのあと、レピュブリックの友達のうちに行く。
友達夫婦はがんばっておうちを買った。
それはそれはステキ!!と連呼するおうちだった

そしてさらにステキ!!!と言ってしまうことがあった。
それは去年クリくんの頭をかぶって パリを散策したそのクリ頭を引き取ってくれて
ご主人の制作によって寝室の照明になっていたのだ。

それあとでのせます。

みんなでごはん食べて、また友達が来て、とても楽しかった。
私の変なフランス語がもすこししたら どうなるのか これは変化のしようがないような気がしてきた。
でもがんばろう

9/12/2007

keitaikara blog dekiteta

yoku wakaran

mainiti yugatani naruto ooamega huru

1euro=167yen kurai nanode nanimokamoga takaku kanjiru

kyouha korekara tomodati no ie de gohan taberu

taberu koto bakkari kangaeteruyouda

imaha netcafe nanode matomaranaikara matasimasu

mousugu hajimaru TCHIYU ART IN PARIS


8/12/2007

20071209080058
今朝は バケットに塩バターとチーズを食べた。
そういうものが ほんとにおいしくて 滞在中は毎日これでいいと思う。

で それらは高いものじゃなくても 満足してる。
あんまり昔のように感動してない自分に少しがっかりしてたけど、それはたかがフランス語を聞くだけでとかメトロの音とか鐘とかに反応していた頃とは違ってものすごく淡々としてるのが変に思えたけどこれはこれでいいような気がしてきた
すごく高級なことがしたいとか食べたいとか思わず ここに住む人達と同じように 日常にある嬉しいことが嬉しい。
午後は友とお昼に待ち合わせて パリハノイとゆうベトナム料理やさんに行く。
フツウに「すいませ~ん」と言ってここがパリだってことを忘れてた。
そしてなんでもないことだけど懐かしい人に会うことは なによりも幸せなことなんだ~
夜は また懐かしい人に会い それでステキなとこに行った。赤い壁ってだけでキャーとか言う。なんだかゆったりできるとこだった。
一年ぶりだけど、そういう気がしなくて、懐かしいっていうのはちょっと違うな。
それにはまだ日が浅く、思い出ってほど遠くない。
そうやって人に会うことは心を整理させてくれる。日本だろがどこであっても

友が頼んだサラダの写真とステキなお店のアドレス

L'apparemment
18,rue des Coutures Saint-Gervais 75003

ヨージオージからもお知らせ

ta CRAFTさんと2年前に発行しましたお菓子の本『 ta tickle rien 』が再び♪今度はポストカードになります

私はいない間に完成されると思いますので
またお知らせをします~

今度のは~・・・ヨージオージがぁ・・・

言いたい!!!けど完成したらぜひ見に来てください。


20071206201906.jpg

これでいいのかな

携帯からやってみる

ねむい

投げかけた問いに対する答えに
喜んだりがっかりするときに
はじめから、答えを期待していたことを知る

それは結局私の中で答えは決まっていて
人を通して自分にどうだと訪ねているのと同じだ

期待をするな

自分のことなら
もうわかってること

20071204022045.jpg

飛行機が空を飛ぶ不安

出発の前に人に会う

そこで何か集中的に疑問やらもやもやとしていたものが
いっきに整理されて言葉になっていくときに
頭の中で考えて話してないことが多い。

そこで今日話したことは
人が不安になることで安心をすることがあるということ

悲しいことが、現実的に起きて悲しむことよりも
よくわからないけど悲しいときに、深く沈む

不安というものをいくつか選び並べてみて
「これだから不安」という安心感を得るように

欲張りと思う

自分が旅に出るのに 周りの人がみんな旅に出るみたい

緊張してるけど それは飛行機に乗るからなのだ

間際に電話をする人に何を求めるわけでもなく
20071203021137.jpg

マカホンにもたくさん会おう  勉強のために

| BLOG TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。