スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スミが好き

指が動いてきた。
村民を厳選して48人のフェーブを作る。

フェーブはガレット・デ・ロワ(galette des rois)というお菓子の中に入れて焼く。

仏の各地方で少しずつ異なるが、ポピュラーなものは王冠がのったパイにアーモンドクリームが入ったパイ菓子で、1月6日に切り分けて食べ、中にフェーブ(そら豆の意)と呼ばれる陶製の小さな人形が入っていた人は紙で作った王冠を被り、祝福を受け、その幸運は1年間継続する。

1月1日の14時に売り出されるのが慣習になっており、フランス人はこれを食べないと一年が始まらないという。日本でも、このお菓子を置く店が増えている。


なので5センチくらいの大きさで作ってみた。
20071023232245.jpg

このコは『スミスキー』という。


48人の週カレンダー作りたい。
それで地図も作ろう。


スポンサーサイト

そろそろ人間界に

少し指が動かなくなってきたので
映画を観る 土を買いに行く 音を聞く 
などをしてみた。


その作品が たくさんの説明がなくても
見た人の五感が引き寄せられるようなものは
どうやって生まれるのかを想像してみる。

音から風景
においから音
味から手触り 

というような世界の広がりを持たせてくれたとき私は感動する


森の中にある世界は
葉っぱの下に潜むような世界

どこにでもあるということをどうすれば出せるかな



秋なので涙入れ いろいろ考える秋 

20071018000939.jpg

今日の家

マカロン村のマカロンハウスを作る。
これは磁器が半分混ざってるから
まっちろいのができると思う。

それをマカロン色に塗って 上に木の実などを飾ろうと思う。

これを調子に乗って次々と作ったために 削る作業が延々と続き
気持ち悪くなってきた。

そいで友達に会って元気になる。
今日会わないとしばらく会えないような気がした。

昨日も友達に会って元気になる。

マカロンハウスはいろいろな味がする。
アフロ王子が好きなように作ってる。

GetAttachment.jpg

前へ

早くも息詰まりそうになったので
世界遺産っぽい街のテレビを観る。

だので魂の赴くままに作りたいものを次々と作ることにした。

家を作ろうと思う。


ものづくりのちまたではとっくに流行して過ぎ去ったマスキングテープで遊ぶ。
いいの。流行なんて関係ない。
今はどこの工場にでも行ける勢い。
マスキングテープのことをよく考える。

そうしてだんだんと通常の私に戻った。
今日は本焼きの日。
今年中に完成させる楽しいイベントに向けても焼き始めた。


白いヒゲのおじいさんに何度断られても作り続けよう。
責任を持って

陶酔

プレッシャーが人を育てる。
という言葉を信じて

魚王子を小さく30人作る。

                    2008.jpg

少し酔う

フランスの学校に行きたいのか
フランスに住みたいのか
そういうことじゃなくて

陶芸で食いたいのか
お金持ちになりたいのか
そういうことでもない。

生きてる証をのこしたいのでもない。

ただいろんな意味で これを選んできた。
いろんな意味はないか。

今の願いは

パリでの展示
無事に終わりますように。ということ


友達の姉夫婦様の家で同窓会をやってもらった。
アート縁日で初めて作品を売ってみたら
笑って買ってくれる人がいた。
今の私はその時の気持ちがあり、そのきっかけをくれた友達。

そしてその会が終わって、考えている。

昔と変わったことはどこかよくわからないけど
変わらないことはよくわかる。

魚王子を今日も作っていること

始まりの気持ちを思い出して また変わらないことを始める。
それを思い出させてくれる人がいることはとても嬉しいこと。

| BLOG TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。