スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭の医学

インフルさんは結構手ごわくて
今日もまたほかほかと、星が見え出した。
思えばおととい?スゥイングガールズをもうろうとしながら
ステファニーと見たなあと思った。
ス、スーちゃん・・・と見た・・な感じで

今日はそんなおかしくもないけど
なんだかおかしい。体温計がおかしいのか?
だけど今日は本焼きをしないとならんので
昨日からもくもくと色塗りと釉がけを繰り返す。

ひとつひとつ塗りながら、いつかは終わんだろーとやっていったら
なんか元気になってきた。終わる頃体がやけに軽いので驚いた。

いつも人生に迷うときは、作れば立ち直る。
それは精神的なものだと思っていたけど
好きなことをすると、体もよくなるみたい。
ほんと病は気からだ~
それと土が力をくれたような気がする。

この子だけ窯に入らなかった
月の犬 袋には貝がたくさん入ってる

20070227234911.jpg

ザクザクザク
スポンサーサイト

もう元気

ナマステ~

インドに行こうとしたらインフルエンザをうつされました。
熱を測ってびっくりして笑えたけどもう起きれなくなり
ある意味世界一周してきました。

今週末に本焼きをしないと
まいか
焦ってもあんまり変わらん

id_hofubg_64.jpg



一晩寝たら治った

飛行機代ゼロ

あ~~~インドに行きたい!!

と、いうのが突然降りてきたわ。
なにかしらなにかしら。
インドに行って、色好きだから意味なくても色の粉と
ガラス玉と革のサンダルを買ってあと、紙を買ってきたい。

でも我慢してDMの桜をちみちみとちぎって作ることにした。
本当は切り絵にして送りたいところだがそんなことをしていたら
1年後の個展のDMづくりになってしまう。
まあそれでもいいけど。

20070225000645.jpg


加工しやすいように青の紙の上にのせて写真を撮る。
夜桜もいいな

最近の夢はやけにリアルで、思い出そうとしなくても
昨日のパリは鮮明にのこっている。おいしい塩を買っていた。
たぶんちょっとだけ行ったのかな~

じゃ、今夜はインドに行ってきます♪

休憩

スモモがじゃがと遊んでいるようなので
写真を撮ってみることにした。

1.jpg

じゃが「るーるるー」
スモモ「じゃがだ!」


2.jpg

スモモ「じゃーがー」


3.jpg


あははは 

雲の上にいつもある月と星たち

毎日が早すぎる。
去年のことがこないだのことのようだ。
もう今年も終わりだよ

DMづくりで桜の素材を探す。
そこで素敵な写真を見っける。

20070224005046.jpg


桜の季節に新学期があるっていう日本って日本らしいなあと思う。
そうそう昨日はパリに行った夢を見たから
ああ また来たんだっけ?って思った。
不思議でもなかったけど。

どんどん 土になってくかんじ
深いところに潜っていく

そういえば今夜、外に出たら星がすごい見えた

やってらんね~ヤキイモ

DMをシルクスクリーンで作ろうと試みたが
うまくいかないので もうあきらめようかと思います。
この シルクスクリーンというのは、
私にとっては雲の上の存在までは行かないが
積乱雲くらいのとこにいるもので
成功する確率は半分くらいしかないのでした。
なぜなら何度も失敗してるからだ

人は時にあきらめることも肝心だ
あきらめることは勇気がいることだからな。
と前向きになることにした。

20070223001738.jpg


イメージはできているんだが
どうしてもそこにたどり着けない

               20070223001943.jpg


やってらんね~ヤキイモはお香立てになってます。
今の気分。すごい昔のイモさね。

部屋がすごいことになってるが
あきらめることっていうのは悲しくもない
必ず新しい方法を見つけなければならないんだから

一晩寝ればひらめきが降りてくるはず

お知らせ

春に個展をしようと、カレンダーをめくると
4月は1日が日曜日で、きれいにそろっていたのでその日からにしました。


*個展のこと*

題名:rien村の歩き方

場所:ta GALLERY

日時:4月1日(日曜日)~15日(日曜日)
   11時から19時まで 木曜日はお休みします

行き方:千代田線 乃木坂駅 出口2から坂をのぼって45歩


国立新美術館がすぐ近くにできたのでよかったら遊びに来てください




ということで今日誕生日の村民を

20070222010536.jpg


このクワガタくんは本が大好きで、集中力がすごいです。
名前はなんにしようか 桑田さん
ええとそれでなんだっけ

この村民は過去にいただいたアンケートをもとに
勝手にrien村の村民にさせていただいているのですが、
これを作るときは、とにかく勘でやってます。
あの人怖いからかわいく作らないと とか
あの人おかしいから面白く作らないと とか全くありません。
なんだか 頭と心の真ん中で思わずできあがる感覚ですので
もしもなんだこれは!ってなったらすみません。

明日からおハガキ作りをしよう。

あ、そいとメールでアンケートいただいた方々に
ご住所をいただいてないと、メールでしかお知らせハガキが送れないので、魚王子から配達をご希望の場合は住所メールください。
rienerien@hotmail.com  です。

毎日村民誕生日

春の個展に向けて新しい村民を作ります。
今回は40人くらい増える予定です。
そのうちの一人をちょろっと。
20070220172314.jpg

今日は池谷香名子さんのフラメンコのコンクールだった。
この予選に通過すると、本選に出場することができる。

演技は53人のうちの最後、真っ黒の衣装で登場した彼女の踊りは
本当にきれいで感動した。

それで、みごと10人に選ばれた。
そのとき、彼女の関係している人達が集まって、喜んで、うれし泣きで
すごいことになっていた。

声もかけずに出てしまったけど、こんなに人のことで
うれしくて泣けることって今まであったかな?って歩きながら思った。
それは、あそこにいた人たちがみんな香名子のことが好きで
今までの努力とか優しさとかが目に見える形となって表れた瞬間に見えた。

幸せな気持ちでいっぱいよ。
香名子の大きな1歩は、私に大きな力をくれた。
これから 意識をもっと高めて決意をする。

いつかをいつもに変えるために
20070219000200.jpg

1=100

今日の窯出しは思ったような色じゃなくて
私が土だったら、私を殴ったと思う。
一人でやるということは、自分でそれを見つけないとならない。
それってなんでもそうか。

自分で選んだものが、思ったような結果になるかどうかはわからない。
だから経験を重ね合わせて 可能性をさぐる。
だけど人の気持ちは、自分の経験と真実が結べない。

思い出の場所を描いたやさしい絵を見て
幸せな気持ちになる人もいれば、悲しい気持ちになる人もいる。
100人いたら100通りの受信の形がある。
その形を求めずに、だけど一つの発信の形は持って
なんでもさまざまに受け止められることを忘れないでいよう。
発信することは全て重みがある

20070217012108.jpg


これは思ったようにでけた 勇気のボタン

水の粒

雲の木の体の部分と
雲のキラキラしたものをあとからつけるのを合わせたら
一つの木みたいになったので記念写真をとる。

Image009.jpg


雲の木の性格は まっすぐで純粋だった。
まっすぐな線を引くことが苦手だから
まっすぐな人にあこがれる。
私はどうしてこんなにひねくれてんのかと思う瞬間がある。
そんなこと考えるひまがあったら単語の一つでも覚えろと思う。

メールっていうのはとてもわかりづらい。
この決まったフォントでどれだけのことが伝わるのか。
話してもわからないのに

つかめるようでつかめない だけどぜったいにあるもの
自分の顔を鏡で見て 顔に何が書いてあるか読んでみる。
明日は友達に会ってこよう

おやすみまえの

ああやっと窯詰めが終わり、今日の仕事が終わった。
なんでこんななのに、ブログをやっているかというと
それはわからない。
個展スイッチが入ってしまったから・・・

今日は長新太さんの「やわらかい頭」を読む。
ごろごろにゃーんという絵本もすごいんだが
この、どこまでもその世界は続く。という世界が、
世界は広いし、自分の好きなように表現しよう。ということを
改めて教えられる。

たくさんのいいものにあふれた現代、
見たり聞いたり教えてもらって日々考え変化することを恐れず
作品が変わったと言われても、普遍的なものを持ち続けたい。
昔は、人に影響されまくり流されるのが怖くて
たくさんの作品を見ないようにしていたことが少し恥ずかしい。

人間国宝がなんだよとかって思って知りもしないで恥ずかしい。
いいものはいい そんな作品を見ると心が洗われるよ。

昨日は桃を作ったので今日はクリをたくさん作る。

                     Image008.jpg


そして本焼きは少し冒険的。成功しますように
ねむい。

あらいぐま しゃーこ

こーももーこーももー

知らないうちにどんどんできていた。
この土は焼くと立派なピンク色になる。
なんだか知らないけど、なかなか売ってない。
買う人がいないからだろうか。
1年前に置いておいた土に水をふくませて生き返った。
コモモを作るように土から言われているようだ。

Image007.jpg


昨日、夜の2時くらいにまたあらいぐまが出現した。
ながいしっぽに小さな手。私の部屋のベランダに来るよ。
メロンパンとりに行ったらいなくなったけど
どうやら幻覚ではなかったみたい!
だから安心して今後も待つことにしよう。

私は仙人になりたいのかな という作りっぷり。 
ムラがあるので今のうちに作りまくります。

小さな暮らし

京都のギャラリーを探したときに、とてもステキな本屋さんを発見した。結局そこでの展示はしなかったけど、ステキなものがたくさん置いてあり虫のスタンプを買う。

18匹もいるんだ~すごいな~

Image004.jpg


いろいろ押してみるよ。

Image005.jpg


小さな虫の世界にも 物語があるに違いない。
くすぶった想いとか儚い夢とか
海の生物が目を持ったのは、見たい!!という欲望がそうさせたとか。

ということで、小さな豆の家を作りました。

Image006.jpg


手を伸ばせば届きそうな夢を持てるだけの夢が大切だ。
見えなかったものが見えるようになるまでの微生物の時間は
どれだけ長かったことかわからない。

希望だけでは 果たせないことがたくさんあることがわかる。

小さな暮らしの中 小さな人一人が 夢の大きさなど考えずに
やりたいことをやればいいと思う今日このごろ。
自分だけの時間を生きていこう。

もう既に、無限の可能性を感じられるほど
世界を知らなくはないから。
強くならんと

或る晴れた日の午後の香り

忙しいときこそ日記をつけよう。ということを
教えられたが、確かにそうね
余裕のあるときってあるんだろうか。
なので、毎日の発見に気づく練習をしたいと思います。

フランスから荷物が届き、それはかなり昔のことのようにも思えた。
日本とフランスどちらにもいいところがある。

そして
一人の時間を必ず一日の間に作ろう。と思った。
これからもずっと。


それから
空いてる時間に携帯を持つのをやめよう。

携帯を捨てたくなってる。
捨てられないけど捨てたい。
そうやってなんだか私は急に無人島に行きたくなる。
別に落ちているわけではないけれど
作る世界に入り込んでいるかんじ
集中していく。 深いところに潜るような。

フランスから届いた箱の中に懐かしいにおいが。
このハンドソープは人の家にあって、ものすごーく探した。
普通のスーパーのブランドだけど、なんだか見つからなくて。
そしたら、あるときあった。
フィグ。いちじくの香り。

20070211203605.jpg


嗅覚っていうのは記憶をつかさどっている脳に直接働きかける。
まだ手放しに楽しかったと言うにはもう少し時間が必要だな。
いちじくの香りは、空を見ながら 何も考えない時 を思い出す。

あぶない

今日も人間界で仕事した。
いつも獣道しか通ってないから疲れたよ。

いっそのこと、ずっと入力をしていたい。
そんな仕事がスポットであったら直接メールで教えてください。
ずっと電磁波をあびて頭がぐるぐるなるくらいで
一回転してまた戻るくらいの間に違う世界も見れるかも

結構しっかりしてるの

高校生を作りました。
こそこそ話すのが楽しいので
何を話しているのかわかりません。
でも恋の話でしょう。
20070207003219.jpg

一瞬こっち向いてもらいました。

腹くくり 

Je suis comme je suis,
Je suis fait(e) comme ca.
  -私は私 こういう人間なのだ


ということで
こんにちは 

今日はとても寒かったですね。

私は作ることを本職にしつつ、もうだめだ!っというとこに来たら
人間の組織で仕事をする。 土を扱っているからか土地関係と縁があり、
モデルルーム見すぎて想像がふくらみここに和室かよ~とか、
風呂がちっさいなーとか生意気に考え結局はぼろい平屋を買おうと思っている。


そして、もう我慢ができないので
個展をすることにしました。

無謀だけどもう春にします。春ってもう今日から春か。
とにかく春。
DMはたぶんダンボールとかで手書きとかになるかもしれないです。
逆に高くつきそうだけれど、必要な方はメールください。
でもたぶんこれを読んでいただいてる方は送ります。

いちおう
rienerien@hotmail.com 

まだとうぶん送れないけどとりあえず決めました。
でも2ヶ月間の間に1ヶ月は働かないとならないよ。


20070205010813.jpg

もくもくと

明日名古屋のheycornsさんへクリたちを発送する。
それをまたもくもくと作っていた。
    
                20070201203749.jpg



ここにきて、物欲がなくなり それでも少しずつ生まれる欲は
あるときふと何かを見て生まれるわけではなくて
ずっと昔からあったカタマリが必然的に浮き上がるような感覚で。


たとえば ろくろ。 
ずっと土にさわってきて、手びねりで作っているのがとても楽しかったけど、いずれろくろが欲しくなるときが来ると思ってた。

ちょうど今、おもちゃで電動ろくろが1万円くらいで売られてる。
陶芸ブームって何年も言われてるけどこれを買って
おうちでオーブンで焼くのかな。すごいなあ日本。
うれしいよ。

ろくろが欲しいと思えることは、今までやってきたことが
なんらかの形で段階を踏み小さな光が少し強くなったということなので
私なりにとても嬉しいことなのです。

あと、もっと先に磁器を扱いたいという欲が眠ってる。
これはもっとずっと先だけど。

| BLOG TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。