スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからも

クリくんを一日やって思ったこと
日本にもフランスにも悪い奴といい人がいるんだ
心を外に向けないと見えないことが多すぎる。
小さなことにこだわりすぎてると凝り固まった考え方しかできなくなる。
だけど自分の内側に耳をすまさないとわからなこともたくさんある。
最近「聴く」ことが上手にできない人が増えていると本に書いてあった。
人の話を聴くこと
それと自分の体と心に聴くこと

ここで言葉が通じなくても心が開けば通じ合える
万人に好かれなくていい
連絡がなくてもいい
逢えなくてもいい
自分が開いていれば、つながる人とだけつながる
自分が閉じていれば、もっとそうかな

静かに想う
人が好きだから孤独も好き
いつまでもズキズキ傷ついたりする耳を持ってたい

スポンサーサイト

イイコトアリマクリがパリをゆく

ついにこの日がやってきた。
クリはパリを旅したのだった。


20060830023517.jpg



ヴァンセーヌの森でステファニーとボートに乗り、
カフェでバドワを飲み、
メトロとバスに乗ってオペラへ
そのあとチュイルリーの遊園地でメリーゴーランドに乗り
最後にサッポロラーメンを食べた。
このレポートは後日詳しく載せることにする。
とにかくいろんな人がいて、笑うことを恥ずかしそうにする人が
たくさんいた。
子供たちも積極的に向かってくる子と、すごい不思議がってたり
怖がる子もいた。
笑いっていうものについて考えたよ。
自然なことなんだけど、顔の筋肉の中で笑うことが一番複雑で難しいってなんかで聞いたことがあった。

それと、自然すぎてぜんぜん驚かないことにも驚いた。
バスに乗ろうとして、なんか言ってるから怒られてるのかと思えば、
頭が入らないと言われてたり、カフェでもふつ~に頼めたり
最後のほうは見てるのに気づかないくらいだった。
ここはフランス。と思わされた。

クリくんよりも一緒に来てくれた友達たちが恥ずかしかったと思う。
イイコトアリマクリ、9個売れた。

とにかく私のカメラで撮ってたら安い電池だったから速攻でバッテリーがなくなったのでどうにかしてお見せしたい。

泣く

悲しいときにたくさん泣く

なんでこんなに体から水が出てくるのだろうと思うくらいに。
涙が涙をひきよせるんだろうか

すべてのことにほんとに意味があるんだろうか
その意味は喜びのためにあるんだろうか

「人は泣きながら生まれてくる
 人生で一番の喜びの瞬間に」

<泣く> ということは、生まれることなのかもしれない

クリで暴れよう

今、同僚のカメさんらぱんさんと一緒にクリの頭を制作している。
その頭はとてもでかい頭なので、かぶるとくらくらするかもしれない。
私は昔着ぐるみのバイトがしたかった。
夢がまた叶うのだ。

できれば今度の日曜にこのでかいクリをかぶって
クリを売ろうと思う。
あとおみくじを作る。
パリでクリ。
そうそううちの店ではなんだか知らんけど、クリのお菓子がなぜか売れる。
そんなことでクリもきっと人気者になって
子供たちにわ~わ~とかされることを想像するとがんばれる。

がんばろう

言葉を失う景色

ごはんと一緒に一昨日は大きな空をごちそうになった。

20060819143738.jpg



大きな空を見ると、成し遂げることは私にとってひとつだけなんだと思う

連れていってもらった瞬間に、エッフェル塔がものすごくキラキラとしていて、何も言えなくなった。



20060819144346.jpg

勝手な心理

この子は私の友達です。と言うのはとても自然なこと。
この子は私の親友です。と言うのとはちょっと違う。
親友と言うのは一方通行では成り立たない。
え?!うれしいけどびっくりだ。ということもある。

まあ親友とか友達とかって勝手にわけてりゃいいのかもしれないが
私の中では親友というのは地球のどこにいても会いにいける人。

どんなことがあっても会いに行く。
そんな人が世の中に1人でもいれば幸せだ。

昔友達に見せてもらった本の中で今でも大切にしている言葉を


1日1時間孤独の時を確保する

1日をシンプルに過ごす

家の中をいつも片付けておく

過密スケジュールをたてない

現実的な締め切り時間を設ける

守れそうもない約束はしない

家庭でも仕事場でも静かな環境をつくる

つねにおもしろそうな本を携えておく

純粋な水をたくさん飲む

空腹のときだけ食べる

おいしくなかったら食べない

五感に贅沢をさせる

だいすきでないものはなしで済ませる

夕食の最中は電話に出ない

皆に気に入られるようにするのはやめる

否定的な考えの持ち主とはつきあわない

友情を育てる

自分の情熱を恐れない

困った問題は挑みがいのある問題と考える

期待は捨てる

境界を定める

幸せは生きている感情なのを忘れない

真の自己を探し求め見つける

時間、創造的エネルギー、感情のような大切な資源を無駄遣いしない




今日は満月
友達からのメール

エリちゃんが満月を見ていますように。

はい。見てますありがとう。おなじ月なんだよね。不思議だね。

このいくつもの言葉をときどき開いてみては
素直に生きることの難しさを知り、原点に戻すことを意識的にする
そして本当はとても簡単なことなんだと気づくよ

虫の声

五感の中で最後までのこるのが聴覚だって知ってから
私は死ぬ間際に何を聴こうか考えていた


懐かしい曲っていうのは
その曲が懐かしいっていうんじゃなく
それを聴いたときが懐かしい

そのときをリアルに思い出すから。
風景を温度をすべてを含めて

だったら今まで生きてきて
一番楽しいときに聴いた曲を聴くのがいいんじゃないかと思った
できれば死ぬ間際に昨日まで聴いていた曲が聴きたいと思いたい

寝るときにはずっと虫の声がしていた
風の音とか雨の音とか雪の音とか
自然の音を聴きながら寝ていた

虫の声がいいなあとふと思う

アシンメトリー

物語は明日更新します



日常にころがった自然界のパターンは
何の関わりもないものどうしを結びつける


20060804205932.jpg


偶然起きるできごとこそ必然的なこと

| BLOG TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。