スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の思ったこと

今日はパリでお世話になったakikoさんちでお祭りがあった。
なんだかこっちで出会う人はみんなはっきりした目的があり刺激を受ける。
人と話すことによって自分の気持ちが見えてくる。
このブログを書くことによっても気持ちの整理ができてくる。

この先のこと今のこと。
不安定な状態を選んでいるのは私自身だ。
何を思うと楽しい気持ちになるかというと
何を作ると楽しいかなって思うこと。

伝えたいことは言葉にするのが難しい。
だけど伝えようとしなければ何も伝わらない。
作品がコミュニケーションの手段だと、いつか
何も言葉のいらないものが作りたいけど
それはまだまだ先の話だ。

伝えたいことを伝えよう。作品が意志を持つように。
私はスタートラインに立ったのかなあ。
こっちで展示できますように。20060626080529.jpg


写真は「平らな桃」
ラジオフランス語講座ではじめて知って
パリに来たら食べたいな~って思ってたの。
日本の桃みたいな味がした。おいっしかった。
スポンサーサイト

それでは

ちらっと今のところこんなかんじです。i.jpg

7年ぶり

大きな大きな魚王子がむしょうに昨日から作りたくなって
形づくりに1週間くらいかけようと思ってたけど
今日いっきに作った。

息ができないくらいだった。

7年ぶりにこんな大きな魚王子を作った。
冠がないからまだ顔が怖い。

焼きあがったら、ガラス玉を作って目を入れたい。

もうだめ
寝る

水栽培

utuwa.jpg


2年前にパリで1分くらいの会話で友達になったakikoさんが
日本に帰るというメールが送られてきて悲しくなった。
逢う頻度は多くないのに、なにか特別なものを感じていた。

彼女の言葉はいつもとても素敵で、
言葉っていうのはコミュニケーションの手段だ。
という考えを覆されるほど
生き方が日本語ににじみ出ている。

その彼女が
『やりたいことを精一杯やってきたから悔いがない』
と言っているのを読んで悲しい気持ちが飛んだ。

またずっとロンドンに住んでいた友達が、
映画のLEONのレオンが鉢植えを持って生きている話をしながら、
『いつか鉢植えじゃなく木を植えたい』と言っていた意味を
こういうときにしみじみ思う。

木を植えるのは、安定した暮らしを得ることじゃなく
自分自身が腰を据えてどれだけ生きていけるかってこと。
どこにいてもどれだけ引越ししても旅しても
自分の毎日を精一杯生きることはその瞬間その場所で
心の軸を根ざすということ。

ここでやれることぜんぶやろう

日本から友達が来て、いろいろ話していたら
あー私はここに住みたくて住みたくて長いことずっと
そう想い続けていたんだと思い出した。

陶芸とフランスがどこでつながるかわからないけれど、
細かく言うと、もっといろいろなすべての興味が
いずれ一本の線で結ばれる瞬間が必ず来ると思い、
その瞬間を見るために生きてきたんだと思う。

とにかくここに来たかった。
旅じゃなくて、住みたかった。
そして今こうしてここにいることが日常になりつつあり、
あのときの気持ちを忘れそうになっていた。

バイト先の人たちとも仲良くなって
だけど必ず別れがあって
で、今日バイトで小学校のとき見たハウス食品のアニメの話になる。

「忘れないわー星降る夜に誓った言葉ー
 このともしびを消しはしないとー」

とゆう歌。途中が思い出せないんだけど
その歌を思い出しながら、ここで出会った人たちのことを
ぜったいに忘れることはないと思った。

帰り道「わすーれないわー」のとこばっかり歌ってた。

今日が私の一年の折り返し地点。
そんな歌に浸るのはまだ早いと思う。が

今は存在しないかもしれないのに星が光ってるのを見るたびに
記憶っていうのはこういうものだと思う。

真っ暗な夜でもきっと今を思い出せば星が輝いてる。
死ぬまでその星たちは消えないほど、未来からは離れて見える。
それでやっぱり わすれないわーを歌うんだ。

隙間からの光

毎日、

   障害物
   障害物 
   障害物 
   いいこと
   障害物 
   障害物
   いいこと みたいなみたいな。

変わらないこと 変わることどちらも大切。
だけど変化は怖い。
変化しないことはもっと怖い。
障害っつったって、気にしないで進もう。
なんでもいい方向にしか向かってないし。

楽しまないと何もかも障害物になる。

やわらかーくいたい。

今は光ものが作りたい。

和菓子の先生に練りきりを分けてもらって魚王子を作ってみた。
紙粘土よりも扱いやすい。
楽しかったーありがとう。

20060615092156.jpg


              20060615092255.jpg




暑いと芽も育つよ

今日はクリを持ってアトリエに窯をお借りに行く。
メトロの終点からバスでそこから歩きの道のり、
不安だったけど、すぐに行くことができた。

性格は思い込みなのかもしれない。

前回は600度だったけど今日は1000度の本焼きだったので時間がかかる。
途中で、のぞくと、色が飛んでいたのでやめた。
もう一回やらないとだめみたい。

そのあと、市の陶芸教室に行く。
思っていたものとぜんぜん違う色で出てきた。

sakuhin.jpg

                      
                     20060614063958.jpg


でもそれはそれで満足です。そういう意外性が楽しいと思う。

今年中にやりたいことが頭の中で常に飛び交っていて、
そしてそれらがどれだけできるかはわからないけど、
言葉って魂の入った生き物だから、口から出るときは
それが人の中に入って育つ覚悟がいる。というか
自分に約束をするみたいなもので。
去年はその約束をあまりにもたくさんしたから
最後は「個展だからつらい」とかじゃなく、
時間がなさすぎてつらかった。
個展の間は幸せだったけど。

今年は、未知なところに背伸びして、見えるところを
さぐりながらひとつひとつ手にとってるみたい。
これが非現実なことでも、夢みたいな出来事でもなく。

だから、もしかしたら約束を破るかもしれない。
無理をしないために、
意地にならないように、できることをやろう。
沈黙の中で計画を育てる。
それは前と変わってないか。

                 20060614064132.jpg

前に載せた双葉がこんなに大きくなりました。

9㎡のしあわせ

昨日の月はきれいだったから今日はとても暑い。
                      20060612012530.jpg



感じる心をいつも持とうと思う。
いろんな作品を見て刺激を受けたり、
風景とか味とか人のしぐさとかそういうものからも

それは言葉にならないことばかりだけど。

陶芸をやりながらほかにも作りたいものはたくさんある。
ガラスとか磁器とか彫金とかいろいろ・・・
だけどなんだか私にとって土に勝るものがないという気がする。
それで、本を読んでいたら言葉が

                 20060612013659.jpg



「幸せというのは、
 多くを持つことによって得られるものではない。
 今持ってるもので、得られるものよ」

                -フジ子・ヘミング-


そうそうそうですね フジ子さま
歳をとるほどシンプルな人になりたい
もっと幸せになるためじゃなくて
幸せを深く味わうために夢や希望があるのかもしれないな

無垢の記念日

今日は朝起きてサンジェルマンに洗濯に行き
歩いてサンプラシードの材料屋で絵の具を買い
友達おすすめのシェルシュミディのカフェに行き
ポワラーヌでパンを買い
戻って乾燥、その間にスーパーで食料を買い家に戻る。

昼ごはんを食べて、掃除をして、
セーヌ川沿いにある画材屋さんに行き
そのまま歩いてシテ駅そばにある展示を見に行き家に帰る。

それから魚王子のピザとクリくんの色塗りをする20060610081915.jpg


20060610081939.jpg




昨日計画していたことがぜんぶできた
1万歩は歩いた   20060610082003.jpg



やるかやらないかをそれほど決断することなかったことが
その小さな選択の行く末に、まったく違う人生になってたりする。
探すと見つからないものも、無意識にあるとき見つかったりする。

力抜いて日々の小さな選択をしていければいいな

私の知ってる人はみんながんばってる  20060610075343.jpg

早起きをした

一日に食べられるごはん 3回
一生に打つ心臓の数 1億5千万回
集中力 50分
ここにいられる日 あと半年

何かを成し遂げようが、何もせずに終わりが来ようが、
1年の期限は必ずやってくる。
人が勝手に作り出した時間の規則のおかげで  

                        hikari.jpg



                         
すべてのことに限度があって終わりがあると思っていたけど
別に何も変わらない
自分の体がどこにあっても
物理的におなかいっぱいにならなくても
心はいくらでも満たされる。

自分の軸を信じよう
あしあとはもっとずっと先に見ればいい
思い出のために未来を作っているわけじゃないし

かけら物語

ひとつのかけらから物語を感じたりする。
鳥の羽とか、古い壁の破片とかから
さっきまでいっしょだったもののことを考えてみた。

かけらはとてもたよりなくて
大きなものの意思からはずれて
旅をはじめてしまう。

こんなこと思うのは、
昨日までしばらく作り続けていたひとつの作品が
割れてしまったから・・・

                              20060608083354.jpg


この作品をひとつ完成させるまで何個でも作ろう

土は地球のかけら
長い時間をかけて今ここにある。
小さくても物語のあるものが作りたい。
守られない強さ。
どこかに守られている存在を感じるからそんな強さがあるんだろな

思い通りにいけたらなんも考えることなかった
苦労は好んでしないけど 遠回りして深いとこを知れるほうがいい
それがいちばんの近道なんだろうと思う。

流れるもの流すもの

昨日は友達と3人でセーヌ川ほとりで髪を切りあった。
(切った髪はゴミ箱に捨てた)
1人が切る人、
1人が切られる人、
もう1人がギターを弾く人。
ギターはおまけだけど・・・
最近借りて練習してるの。

お天気よくてすごく気持ちよかった。
人が珍しそうに見てたり写真撮ってたりして
おかしかった。

楽しいことを好きなだけしてる。

20060606071624.jpg




                 20060606071809.jpg
完成


夜は友達がごはんを作ってくれた~
そりゃそりゃまたおいしかった。
つくしみたいの食べた。アスパラソバージュ

20060606072321.jpg

ミックスについて

陶芸教室に変わった土があったので作らせてもらう。
はじめから色がミックスされている。
それをこねていたら、あんまりこねないで~と先生に言われ
そのままのばして切ってつけて片口を作った。

                     20060604041014.jpg



焼く前から、少しだけ青が見えてこれをとにかく
残したかったけど、焼いても青かったのでよかった。

ミックスしているものってとても好きだ。
いろいろなものが少しずつ入ってる紙のセットとか
ジュースとかフロクとか・・・
だけど混ぜすぎたらだめなんだと思った。
混ざりすぎると何もわからなくなる。
新しい発見だとしても、その素材がなにもわからないものより
かすかに残像を残してほしい。

心にひとつでも残したいものがあれば
どんなに形を変えても残るのだ

呼吸の間

今日は友人の紹介の紹介で、窯をお借りした。
その方はアクセサリー作家さんで、小さな窯をどなたかに
いただいたそうな。

日本人なんだけどフランスで育ったからほとんど日本語が
話せないと聞いていたけど、ほんとにそうだった。
今日はとてもつたない私のフランス語で必死に話をしたけど
会話って心でするものなのだとやっぱり思う。

窯は中が10cm×10cmくらいだけどくりとじゃがいもを
持って行って焼いてもらう。
今日は素焼きで600℃で焼いたけど驚くくらい早くて
30分くらいで焼きあがった。この窯ほしい。

できあがったくりとじゃがはちゃんと素焼きされて出てきた。
おおお~
改めて感動する。
          20060603092401.jpg



友達のメールで「呼吸」のサイクルを思い出す。
何も作りたくないときは、たくさんのものを見て感じることをする。
吸い込むとき。
それがいっぱいになると次は吐き出すとき。
何も見なくてもいい。自然に逢えるものと人だけが心に訴えかける。
とにかく作る。
目の前に起こることはすべて意味のあること。
甘えることを許すのも自分しかなくて、夢や希望がときには
疎ましく思えたりするけど、それがなければ喜びもないと。

吸い込んだあとの吐き出すまでの間は心の整理をする。
いろいろ考えてもやっぱりシンプルなところに戻る。
それでいいんだと思う。

光の意味

このところ自分の作品づくりについてずっと考えていた。
いつもどうりに考える頭と、深いところであと少ししたら
見えてくる何かを必死に見つけようとしていた。

それで今日、ふと、自分の方向性がわかった気がした。
12年くらいずっとそれを知りたかったんだと思う。
遠い遠い小さな光だけを目指してきたけど。

自分の作品を世の中に見てもらいたいと認められたい気持ちよりも
強く、今はわかることがあった。
そしたらとても気持ちが楽になった。

自分を探す旅を続けて、作品を世の中に認めてもらえたら
ただ一人でこの道を貫くことが幸せなのかずっとわからなかったけど
別にどっかのすごい美術館においてもらえなくてもいいし
すごがられなくてもいい。

アートで人の心を救うことができるのか?
きっとできると思う。
だけど私はそんなに大きなことはあんまり考えなくて
とにかく今は身近な人がほっとしてほしい。
作品だけをみてくれた方には
笑いと温度とときめきを。
毎日の暮らしにおまけみたいな小さなクスリを
しかけていけたらと思います。

具体的な夢はあるけどそれは逢ったときに話すね。

もっと内面的なことだった。
言葉にすると少し安っぽい気がする。
だから大切にちょっとがんばってみます。

どこだっていいんだ。だから今はここで。

今日はナタリーさん夫婦にいただいたハーブで
じゃがいもとズッキーニを炒めて食べました。
すごくおいしかった~
                  20060602053811.jpg

| BLOG TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。